子育て

エジソン(EDISON) のお箸を使って思ったこと

投稿日:2018年11月6日 更新日:

もうすぐ2歳を迎える娘が、お箸でご飯を食べたいと言うので、エジソン(EDISON) の子供用お箸を渡してみました。

実は、このお箸を渡すのは2回目で、最初に渡したのは1歳6ヶ月頃のこと。

そのころの娘は、おしゃべりでコミュニケーションを取れるようになってきた時期で、私たちがお箸やフォークやスプーンを使ってご飯を食べている姿を見て「自分で(自分で食べたい)」「ボーク(フォーク)使うー」などアピールするようになったので、一通り買い揃えて渡してみたのでした。

購入したのは、エジソンのフォーク&スプーンと、エジソンのミッフィー柄のお箸。
当時の私は、子供にキャラもののグッズを持たせることに抵抗を持っていて、私としては無地のお箸が欲しかったのですが、奥さんの「かわいいし子供も喜ぶからキャラものがいい」という意見に押されて、ミッフィー柄のお箸を注文しました。

今になって思い返すとこの選択が大正解。当時の私は「子供にとっての嬉しさや快適さ」を考えずに「自分の好み」で子供のものを選んでいたんですよね。反省。奥さんのおかげで気付けてよかったです。

エジソン(EDISON)ミッフィー

届いたフォーク、スプーン、お箸を渡してみると、フォークやスプーンはこぼしながらも楽しそうに食べるものの、お箸は全く扱うことができずにイライラしているようだったので、お箸はしばらくしまっておくことにしました。

それから5ヶ月以上が過ぎ、お箸を買ったことすら忘れかけていた昨日、娘が急に「お箸で食べる」と言い出したので渡してみると、ご飯をはさんで食べだしたのでした。
ぎこちなさはあるものの、想定外の上達ぶりに驚いて思わず「すごい」「上手」「ビックリしたー」と声を上げました。
娘は嬉しそうな顔で「ビックリした?」と返しました。

そういえばスプーンとフォークも、もうほとんどこぼさずに使えるようになっているし、当然といえば当然なのかもしれないけど、あらためて子供の成長の速度には驚かされます。
でもやっぱり子供の成長は嬉しいですよね。何より娘がとても嬉しそうです。

娘が「やりたい」と言ったときに渡してあげられたのがよかったのかもしれません。
「早くできるようになってほしい」と親が積極的にやらせることもあれば、「まだまだこれは早いんじゃないか」と後回しにしてしまうこともありますが、それは親のエゴになってしまうこともあって、一番良いのは娘のペースでやりたい時にやらせてあげることなのかもしれないですね。
「やりたいと思う気持ちを持たせてあげることは大事だけど、あくまでも娘のペースで。」を忘れずに見守っていこうと思います。

エジソン(EDISON)ミッフィー

ここ最近、娘はAmazonプライムビデオで「劇場版ミッフィー どうぶつえんで宝さがし」を見るのが好きで、ミッフィー柄もとても気に入ったようです。
ご飯になると「ピョンピョンのお箸で食べる」と言って毎日使っています。

エジソン(EDISON) のお箸の使用感

娘はとても使いやすそうにしています。穴の位置や素材感などとても考えられているなと感じました。

私は子供の頃からお箸の持ち方が変で、大人になって人前でお箸を持つことに恥かしさを感じ、20代後半のときに苦労して矯正したという経緯があります。私が子供のころにこのお箸があったら、あんなに苦労はしなかっただろうなと思います。

これだけでお箸の持ち方がきちんとできるようになるかは未知数ですが、少なくとも私のように変な持ち方になることはなさそうです。

-子育て

Copyright© てんぐノート , 2020 All Rights Reserved.