ホテル・旅館

【子連れで横浜】和室がある格安のおすすめホテル

投稿日:2019年7月9日 更新日:

アパホテル横浜鶴見

小さな子供がいても安心、横浜で和室のあるホテル

アンパンマンミュージアム、コスモワールド、八景島シーパラダイス、Puchu!、ズーラシア、ハムリーズ、ボーネルンドなど、横浜には子供を連れて遊びに行きたいスポットが数多くあります。我が家でも先日1泊2日で横浜に遊びに行ってきました。

子連れで旅行となると気になるのがやっぱりホテル。

小さいうちはどうしても寝相が悪いですからね。娘は自宅でベッドガードをつけているベッドから落ちてしまったことがあり(念のため下にもクッションを敷いていたため問題はありませんでしたが)それ以来自宅でも畳に布団を敷いて寝ているので、できればホテルでもベッドではなく布団で寝たい。

そうなるとやはり和室+布団の部屋を探すことになるのですが、都市部のホテルで和室ってなかなか見つからないんですよね。そんな中、ようやく見つけて利用させてもらった「アパホテル横浜鶴見」をご紹介します。

ゆったり過ごせる10畳の広々和室

まず嬉しいのが10畳の広さ。

小さな子供がいると、夜は早めにホテルに戻ってどうしてもホテル内で過ごす時間が長くなります。いくらベッドが広くてもベッドが置いてあるだけのような部屋だと、子供と過ごす時間を持て余してしまいがち。10畳あれば、おもちゃや絵本を広げて遊ぶこともできるし、子供が寝た後に夫婦でくつろぐスペースも確保できます。

布団はセルフで、4組用意されています。

アパホテル横浜鶴見

3組敷くとこんな感じ。テーブルを移動すれば横に4組並べて敷けそうです。

アパホテル横浜鶴見

お風呂とトイレは完全に別。洗面所も2面あります。

アパホテル横浜鶴見の和室の料金は?

1室の料金のため、大人4名まで同額で利用できるようです。また、大人1名につき未就学児1名が添い寝できるため、最大で大人4名+未就学児4名まで1室分の同一料金になりそうです。

まあ、そんな大人数で泊まることはないと思いますが、小学生以上の子供が2名いても、夫婦+子供2名の合計4名で1室分の同一料金で宿泊できるのはおトクですよね。

これだけは持っていきたい

1つだけ、あると便利なのが長めの電源タップです。部屋が広い割にコンセントが少ないので、必須かもしれません。

念のため持っていったおかげで、寝ている間にスマホの充電しつつ朝はスマホのアラームで起きることができましたが、電源タップがないとちょっと厳しいかもしれません。自分用と奥さん用に2本あってもいいかなと思ったくらいです。

アパホテル鶴見の立地は?

横浜駅からは電車で18分、車で9km程度です。私たちは日曜日の夕方にみなとみらいから車で向かいましたが、15分ほどで到着しました。

コンビニはすぐ近くにローソンがあります。また、京急鶴見駅まで150m程度なので、駅まで行けばたいていのものは揃っています。

アパホテル鶴見の駐車場は?

専用の駐車場が1泊1,000円で利用できますが、予約制で5台のみなので競争率高めです。我が家もホテルを予約した時点で既に予約で埋まっていたため、近隣のコインパーキングを利用しました。

気になるコインパーキングのお値段ですが、ホテルの周りは駐車後24時間で1,300円から1,500円くらいが相場のようでした。

1箇所だけホテルのある国道15号沿いに24時間1,100円の駐車場[タイムズ鶴見中央第11P]があったので、空いていればここが一番安そうです。ホテルからは230m程度なので十分歩いていける距離です。


ここが空いていない場合は、もう少しホテルに近いところに24時間1,400円のタイムズ鶴見中央第18Pがありました。

アパホテル鶴見を予約する

アパホテル鶴見を予約するなら「じゃらん」がオススメです。

公式サイトより安い上にポイントが貯まるし、じゃらん会員になると定期的に様々なサービスがあるので、更にお得です!

それでは横浜旅行を楽しんできてください!

-ホテル・旅館

Copyright© てんぐノート , 2019 All Rights Reserved.